確定申告でお金が戻るケース

良く知られているのは医療控除ですが、これも対象項目が沢山あるので申告漏れのないようにしましょう。
年間に家族全員の医療費が10万円を超える場合または所得の5%を超える場合には
医療機関への交通費(タクシー代)や介護でかかった費用、薬店などで一般薬を購入した代金、入院費、調剤薬などあります。
対象外もありますので確認しましょう。

寄付をした場合や雑損控除などがあり対象になります。

雑損控除には、盗難被害受けた場合に申告すると免除されます。

最近災害なとが多発していますが、地震や台風被害を受けた場合や
火災や家を蝕む害虫(シロアリ)などの被害も、雑損控除として申告できます。

 

住宅を購入したときは、住宅ローンを組んでの購入や増改築なども特別控除が受けられます。
耐震改修工事や省エネ工事やバリアフリー工事には、住宅特定改修特別税額控除が受けられます。

 

年末調整した後に、家族が増えた場合も扶養家族控除が受けらえます。

サラリーマンで引っ越し費用や交際費、図書費、研修費、資格取得などが
必要経費として認められます。

 

退職してその年に再就職をしなかった場合は年末調整を受けていませんので
自分で申請すれば戻ってくる事があります。

退職金を受け取った場合、今後の生活の為のものとして退職所得は他の税より少し優遇されるので
会社から申告書を作ってもらい申告できます。

 

年間所得が少いのに、給料から所得税が天引きされている場合
所得税が多く取られているので、これも申告すれば戻ってくる可能性があります。

お近くの税務署や税理士などに相談して正しく還付を受けてください。