不妊治療が高額って本当?

妊婦2不妊治療には、医療機関にもよりますがかなりの費用がかかります。
男性側の不妊治療と女性側の不妊治療に、それぞれ費用に違いがあります。
色々な方法があるのですが、それぞれ異った費用が必要となります。

まず最初に、不妊検査が行われ保険診療で行えますが
費用は10万円前後で、その内一部は保険扱いされず自費での支払いになる検査もあります。

人工授精では 約20万円ほどになりますが
体外受精では、注射や飲み薬の併用で30万円から40万円ほどです。
飲み薬だけで行う場合は、30万円弱です。

凍結胚融解移植という方法では、約10万円近くかかります。
精子採取で顕微鏡下精巣内精子採取術は、20万円以上かかります。
胚凍結で約4万円で個数分で計算されます。

他には
一般体外受精胚移植法など、いろいろな方法があるのですが
個々に反応の違いがあり、これをしたから100%と言うわけではないので
探りながらの不妊治療ですから、先の見えない治療費となる可能性があります。

ケースに依りますが、増額が続くと言うことになりかねませんから
膨大な金額がかかることは、覚悟しておく必要があります。
一般的に費用は前納です。
その為、自己負担の厳しい治療となります。

 

医療機関で不妊治療を始める前に、費用の面はしっかりと納得がいくまで
医師などに相談して始めましょう。
費用が尽きてしまい、途中で断念してしまった方も多くおられます。
後で後悔されることのないように、心構えが必要です。

高額な費用の負担だけでなく、ご夫婦それぞれの精神面の負担も大きいのです。

 

私もずっと不妊治療を受けてきて最近やっと授かりました。

不妊治療で使ってきた金額は数百万円です。私が仕事を辞めて子作りに専念した為、金銭的にかなり厳しかったですが、生活費を節約して頑張っていました。

本当にどうしてもお金が足りない時はキャッシングしていましたが、当時お金のない私としては助かりました。急いで借りたいときでも即日で融資してもらえるので本当に便利でしたよ。