助産院は普通の病院と何が違うの?

出産を病院でするのが当たり前だと思っている人も多いかもしれませんが、今は助産院を利用して出産を考えている人も多いです。病院と助産院はどんな違いがあるのでしょうか?

助産院と病院の違いは、産婦人科の医師がいるかいないかの違いです。助産院では産婦人科の医師がいないので、医療行為を行う事ができません。帝王切開や麻酔等を行う場合は医療行為となるので、病院のみの対応となります。

 

妊婦3出産まで健康で何もなく助産院で出産できる人達は良いですが、切迫早産等の異常が生じた場合には、助産院へ通院していても、病院での出産に変更する事になります。そのため、助産院では大きな病院と連携している所がほとんどです。
助産院では、専属の助産師が最初から最後まで妊婦さんの面倒を見てくれるので、安心感があります。アットホームな雰囲気で出産に望む事ができるので、病院とは違いとてもリラックスして出産する事ができます。

 

助産院では、助産師が出産から出産後まで様々な相談に乗ってくれるので、産後のケアまで安心して任せる事ができます。上の子がいても同じ部屋に宿泊できたり、自宅のような感じで出産を迎える事ができます。
体調に自信があり、助産院での出産を考えている人は、助産院を利用してみるのも良いでしょう。病院と違って助産院では費用も異なってくるので、助産院を利用して出産したママに聞いたり、情報収集してみるのも良いと思います。

緊張せず自宅で過ごすような安心感を求める妊婦さんには、助産院はとてもお勧めだと思います。