海外出産は保険適用されるの?

国際結婚や色々な事情で、海外で出産する人達には、日本で出産する時のように実際保険が適用されるのでしょうか?出産にかかる費用は大きいので、保険が適用されるのか少し心配になると思います。

日本の会社に勤務していて、出向で海外に住む事になった場合は、健康保険の被保険者となるのでその家族もまた被扶養者として日本の健康保険の適用を受ける事ができます。

日本で駐在員向けの海外旅行保険に加入した場合は、出産費用は対象外となります。しかしながら、海外療養費の払い戻しを受けられる事もあります。出産育児一時金も申請するともらえます。

 

海外へ療養するためや治療が目的で行った場合は、海外療養費の対象外となります。しかし、海外滞在中の突然の病気や怪我等は対象になります。海外療養費は一度自己負担で支払いをする必要がありますが、日本で申請すると、後から負担した分がもらえます。

 

国際結婚で、相手の国に一緒に住んでいる場合は、国によって医療制度もそれぞれ異なるので、よく確認して相手の国の制度に従う事になります。

 

ほとんどの場合は保険が適用されると思いますので、自己負担額も少なく済むと思います。保険の申請や色々な手続きは、言葉の問題もあり難しい事も多いですが、専属の通訳がいる場合もあるので確認してみましょう。

出産前に自分が加入している保険を確認したり、もらえるお金について少し勉強しておくと良いでしょう。海外での出産経験のある人達から直接話を聞くのも良いと思います。