高齢出産は余計にお金が必要?

晩婚化が進んでいる現在では、女性の出産年齢もどんどん高くなってきています。若くして出産している人達に比べて、高齢出産になるともっとお金がかかると思っている方もいるのではないでしょうか?

 

出産にかかる費用は、病院や助産院で異なりますが、約40~60万円が目安になります。出産費用だけでも結構な額なので、ある程度貯金がなければ出産できないと思っている人もいるかもしれません。

 

しかしながら、出産育児一時金というものがあるので大丈夫です。健康保険や国民健康保険に加入している人であれば、申請すると上限42万円までもらえるという制度です。病院や助産院が直接支払いを認めている場合であれば、個人でお金を立て替える必要もないので、妊婦さんにとっては大変助かる制度です。

 

高齢出産では、胎児に奇形が発生する確率や、ダウン症の子供が生まれる確率が高くなってしまいます。希望者は出生前診断という赤ちゃんに異常がないかどうか調べる検査を受ける事ができます。これは別途費用が発生しますが、この検査を受けて中絶する妊婦が増えている事も問題視されています。

 

高齢出産でも、出産まで何も問題なく妊婦生活を楽しめる人達もたくさんいます。しかしながら、母体に問題があり切迫早産になってましまったり、帝王切開になるケースもります。入院生活が長くなると、その分また費用がかかってしまう事はあります。

 

入院等に備えて、事前に生命保険に加入しておくこともお勧めします。切迫早産や帝王切開では、生命保険が使える事が多いので、自己負担を減らすためにも考えておくと良いでしょう。