医療保険から給付金がでるかも

出産は病気ではないので、医療保険から給付金が全く出ないと思っていませんか?確かに、出産まで何も問題なく過ごした場合、医療保険から給付金は出ませんが、出産まで何か異常があった場合は医療保険から給付金が支払われる事があります。

 

医療保険などの手術を保証する保険に加入している場合は、帝王切開で出産すると手術給付金の支払い対象になり、入院給付金ももらえます。切迫早産等で入院した場合も、入院給付金がもらえる事が多いです。

 

しかしながら、妊娠した後に医療保険に加入すると、給付金がもらえない事があります。妊娠前から医療保険に加入していて、妊娠中に異常があり給付金をもらった場合は、次の妊娠時には同じ理由で給付金をもらう事はできません。

 

基本的に、医療保険から給付金がもらえるのは、異常妊娠、異常分娩によって入院した場合になります。保険会社によって、給付金が出るケースが異なるので、加入している保険会社へ問い合わせてみましょう。

 

どんな場合に医療保険から給付金がもらえるかという事ですが、病院からもらった領収書の健康保険適用の欄に、入院・手術として項目があれば、給付金の対象として適用される事が多いようです。

出産で何らかの医療行為を受けている場合は、医療保険の給付金の対象となるかもしれません。少しでも自己負担を減らせるように、今すぐ領収書を確認したり、保険会社に問い合わせて、自分が給付金がもらえる対象になっていないかチェックしてみましょう。